• トップ /
  • 不動産経営はリスクが低いのか

不動産経営はリターンが大きい

将来のことを考えて、不動産経営を検討している人が増えています。投資に成功すれば得た収入は老後の蓄えに出来ますし、生活費に充てることもできます。本業以外で収入を得られるのは大きなメリットになります。しかし、不動産経営を検討しても中々実行に移すことができません。その理由は、不動産購入の初期投資が高いからです。マンションやアパートだと中古でも2000万円以上することがあり、個人でまとまったお金を用意するのは難しいです。不動産経営を考えている時は金融機関のローンサービスを利用することになります。借りたお金を投資に充てて、土地や建物、設備を整えることができます。お金を借りるリスクはありますが、経営が順調なら初期投資を数十年程度で回収できます。不動産経営はリスクよりもリターンの方が大きいと言えます。中古のマンションやアパートを購入すれば、20年以上は家賃収入を得ることが可能です。定期的に修繕やメンテナンスなどの管理を行えば、中古でも長く利用できます。不動産経営で購入した建物に価値が無くなっても、土地には一定の価値があるというのもポイントです。土地を売却すれば大きな収入になるので、投資のリスクは低いと言えます。

不動産経営の有益情報

↑PAGE TOP