• トップ /
  • 不動産経営のコツはリスク回避

不動産経営にリスクはつきもの

不動産経営を行うなら、リスク回避できる物件選びが必要になります。想定される主な懸念材料は、賃借人がつかずに空室となることです。家賃収入を購入のためのローン返済に充てるために、空室となると返済は自腹で行うことになります。そこで、不動産経営のリスク対策で考える物件選びのコツは、賃貸需要が多いエリアを選ぶことが挙げられます。例えば近場に学校があれば、学生の入居が期待できます。あるいは工場など企業施設が違いエリアであれば、勤め人を見込んで賃借人募集をすることが可能です。他に不動産経営でのリスク対策として、資産価値の高い物件選びが考えられます。これは長期保有せずに短期で売却することを前提に、物件を保有するケースでの話です。少しでも値下がりを避けられるエリアならば、不動産経営における利益確保を望むことができます。さらに家賃の収益率が高い物件選びをすることも、不動産経営のリスク回避につながります。これは中古の物件選びで役立つリスク回避ですが、きちんとメンテナンスされた物件であれば築年数が古くても借り手はつくものです。さらに管理状態がしっかりしているものや、管理組合が主体で手入れを行う物件も収益が期待できます。

不動産経営の有益情報

↑PAGE TOP